境界立会を依頼させていただいたお客様へ

土地は高価で重要な資産です。境界線を知らないあいまいな状態で家を建てたり、 土地を売買すると、後で問題が生じた場合に大きな不利益となります。その不利益及び将来の紛争を未然に防止するためにも、お互いの土地所有者同士が境界を 確認しあい、お互いの利益となるようにご協力をお願いします。

調査

法務局や国、都、県、市、区、町、村などの役所と立会などで境界確定に必要な資料があるかを調査します。(近隣の皆様から聴取し、資料の提供をお願いすることもあります。)

現地調査

上記(1)で調査した資料を基に、現地に境界標(コンクリート杭・金属標・鋲など)があるかを調査します。

測量作業

上記(2)で現地調査した境界標(コンクリート杭・金属標・鋲など)、ブロック塀、 L型側溝などを測量します。

計算・検討作業

上記(3)の測量作業を行ったデータを計算して、上記(1)で調査した資料と照合し、その計算結果を基に境界の位置を検討します。

境界立会

上記(4)の作業により検討した境界の位置を、隣接地の皆様や、国、都、県、市、区、町、村などの役所と立会いを行い協議します。 その結果、全て隣接地の皆様の了解を得て、境界を決めます。

境界標の設置

上記(5)で境界が決まり、境界標(コンクリート杭・金属標・鋲など)が無い箇所には、新しく設置します。

土地境界立会確認書

土地境界立会確認書という同じ内容の書類を2部作成し、測量依頼者と隣接地の皆様に署名・捺印をして頂き、境界が確定した証としてお互いに1部ずつ保管して頂きます。

その他

・境界立会は、おおよそ隣接土地所有者様一件あたり15分~30分程度あれば終わります。
・昔に測量した図面、土地を購入なされたときの図面、また境界について情報がありましたら、境界立会前にご報告して頂けますと、境界の判断に悩まずにすむ場合がありますので、ご協力をお願いします。

PAGE TOP